保育士求人の雇用形態

バナー

保育士求人の雇用形態

保育士求人では必ずそこでの雇用形態について書かれているものであり、おおよその人はこの部分を重視して求人をチェックしていることでしょう。
現代の日本ではかつてと比べると働き方も多様化してきているとは言え、それでも安定性を求めるのであれば正社員に勝るものはないというのが一般的な意見です。

神奈川県内の保育士の求人に絞ってみてみます。

では保育士の求人において正社員として採用してもらうことはできるのかというと、全体的な傾向から見ると不可能ではないものの、他の業種と比べると非正規雇用になる可能性は高いといった形になります。



2011年に行われた調査の中では保育士として働く人のうち45.6%は非正規雇用として働いているというデータが出てきており、公立の保育施設だと53.5%が、私立の保育施設だと38.9%が非正規雇用であるとされています。労働者全体を見ると非正規雇用の割合が36.7%となっていますから、業界全体として非正規雇用に依存している部分があるというのは事実として認識しなくてはなりません。


全体数から見れば半分以上が正社員雇用であるというのもまた事実ではあるのですが、他の業種と比べると非正規雇用の割合が高い、つまり非正規雇用として雇われる可能性が高いとして考えておいた方が良いでしょう。そのためもし「保育士として働きたい」ということが第一目標なのであれば、場合によっては正社員雇用にこだわるよりも、一旦非正規雇用として働くのも手ではあると言えます。
もちろん「安定して働きたい」ということが第一目標になる場合は正社員という雇われ方にこだわるべきですが、自分が何を目標としているのかということは事前にしっかり考え、そのビジョンを大切にしながら求人情報をチェックしていくことをお勧めします。



Copyright (C) 2016 保育士求人の雇用形態 All Rights Reserved.